2018年6月17日日曜日


トランプデック 「PRESSERS」のご紹介です。全体のコンセプトは60年代アメリカですね。箱のデザインもそれっぽいです。



カードのバックは非常にシンプルです。エメラルドグリーンのさわやかな色合いです。



ピップのデザインもランクのフォントもオリジナルで雰囲気があります。
カードはもちろんプラスチックコーディングのエンボス加工ですべりは良好。このメーカーのデックにしてはコシが柔らかめです。

実はこのデックには「マッドメン」というテレビドラマが元ネタにあります。それを知っていればさらに楽しめるかもしれませんが、まったく知らなくてもこのアイテムのコンセプトはわかります(私もマッドメンは見たことはありません)

ひとことポイント
シブいけれどオリジナリティあふれるデザインはプレイの雰囲気をいい具合に盛り上げてくれます。柔らかめのカードが好きな方にもお勧めです。
2018年5月6日日曜日

5/5(土) に行われたゲームマーケット春に参加してきました。
ゲムマは2日間開催ですがトランプ屋は1日だけの参加です。

今回はおうちでトランプ普及版が東京での初売りとなりました。装丁を変えての再発のため不安もありましたが、感触は上々でした。あとはこれを使ってゲームを遊んだ感想がひとつでも増えてくれれば…と祈っています。

販売いうと今回、予告していたどおりクリベッジボードが終売になりました。加えてAutumnとピノクルも在庫切れになります。
次の仕入れを考えるのは悩ましいけど楽しいですね。

試遊もかなりいいペースで回りました。主にプレイしたのはミッチです。面白ポイントをつかみやすいゲームは便利ですね。トリックテイキングの試遊を今後の課題にします。

会全体ではトランプゲーム企画が印象的でした。今後もたくさんのデザイナーさんを巻き込んでトランプを使った創作ゲームを盛り上げたいと意気込んでいました。今回出していた冊子も第一弾とのことで第二弾も期待したいですね。

トランプ屋の次のイベント出展は未定です。しばらく通販しながらルール記事書いたりする予定です(99と500ラミーの記事を書かなければ)
それではみなさん、次お会いするまでHave fun gaming!
2018年5月1日火曜日

トランプ屋はゲームマーケット春に出展します。

イベント概要

日時:2018年5月5日(土) 10時~17時 トランプ屋は土曜のみ出展です!
場所:
ブース番号:G29 トランプ屋
入場料:当日1000円、入場券付きカタログ2000円
アクセスなどの詳細は公式ページをご覧ください。

出展内容

販売


GM大阪で初売りとなったトランプ本「おうちでトランプ 普及版」を2,500円で販売します。
詳しくは別エントリ「おうちでトランプ普及版を扱います」で紹介しています。
編著の木村有理さんの記事「おうちでトランプ普及版の発刊にあたって」も併せてどうぞ。

そのほか、さまざまなトランプやゲーム関連商品を販売します。ぜひ実物を手に取ってご確認下さい。


・カスタムデザイントランプ(ルールカード2枚つき)
 - Artifice: \1,000
 - Bicycle Autumn: \1,000
 - Bumble Bee: \1,200
 - Fathom: \1,200
 - Infinity: \1,500
 - Absinthe: \1,500
 - Contraband: \1,800
・ピノクルデック: \800
・W9ドミノデック: \1,000
マストフォロー練習トランプ: \1,200
・クリベッジボード: \1,000(在庫僅少!再入荷はたぶんありません。)

ペーパー配布

トランプ屋通信は間に合うか間に合わないかギリギリです。間に合わないかも…。新しいものが間に合わなかったらバックナンバーを持っていきます。

試遊

これまで好評をいただいているゲームを中心にトランプゲームを紹介します。
思い切りが試されるカード集め「ミッチ」や、失点カードをうまく避けながらカードを出す「ブラックレディ」を中心に紹介します。

東京のゲームマーケットは2日開催になり、少しブースを回る時間的余裕も出たのではないでしょうか。トランプの魅力を再発見してください。

2018年4月7日土曜日

4/1(日) にインテックス大阪で行われたゲームマーケットに参加してきました。

今回は東京の春と時期が近いこともあってあまり人が集まらないかと思っていましたが、いい意味で大きく裏切られました。
会場内は多くの方で賑わいトランプ屋のブースの前も午後1時頃まで人が切れませんでした。お客様もうちをまっすぐ目がけてお越しいただく方もおり、大阪まで来たかいがあったと実感しています。

さて次の出展予定は東京のゲームマーケット春です。次回もトランプ屋通信間に合わないかも……がんばります。
それではみなさん、次お会いするまでHave fun gaming!
2018年3月18日日曜日

トランプ屋はゲームマーケット大阪に出展します。

イベント概要

日時:2018年4月1日(日) 10時~17時
場所:インテックス大阪 1号館
ブース番号:D21 トランプ屋
入場料:当日1000円、前売り 入場マップ1000円、カタログ1500円
アクセスなどの詳細は公式ページをご覧ください。

出展内容

販売


トランプ本「おうちでトランプ 普及版」を2,500円で初売りします。
詳しくは別エントリ「おうちでトランプ普及版を扱います」で紹介しています。
編著の木村有理さんの記事「おうちでトランプ普及版の発刊にあたって」も併せてどうぞ。

そのほか、さまざまなトランプやゲーム関連商品を販売します。ぜひ実物を手に取ってご確認下さい。


・カスタムデザイントランプ(ルールカード2枚つき)
 - Artifice: \1,000
 - Bicycle Autumn: \1,000
 - Bumble Bee: \1,200
 - Fathom: \1,200
 - Infinity: \1,500
 - Absinthe: \1,500
 - Contraband: \1,800
・ピノクルデック: \800
・W9ドミノデック: \1,000
マストフォロー練習トランプ: \1,200
・クリベッジボード: \1,000

ペーパー配布

トランプ屋通信は今回新たなものはありませんがバックナンバーを持っていきます。
トリックテイキング、クリベッジお勧めゲームについてのペーパーを配布します。


1年ぶりの関西出展を楽しみにしています。
会場にお越しの際はぜひブースにお立ち寄りください。

2018年2月3日土曜日

マイナーだけど魅力的な15ゲームのルール解説
ゲーム愛好者たちによる充実のコラム17本
世界初?トリックテイキングのゲームブック

トランプ屋で「2冊目のトランプゲーム本 おうちでトランプ 普及版」を販売します。
この本は「練馬おやこボードゲームの会」が作成したもので、2015年のゲームマーケットで初売りされました。
この本のコンセプトは「2人から4人の親子で遊ぶ」。「親子で一緒に」「子どもだけで」というどちらのシチュエーションも想定した丁寧な作りになっています。子どもも楽しめることを目的にしていますが収録されているゲームは決して子供だましではなく、大人だけで遊んでも十分楽しめるものがほとんどです。
出典も非常に幅広く、Pagatやゲームファームのみならず、A Gamut of Games(シド・サクソンのゲーム大全として邦訳版が出ましたね)やWebの口コミまで丁寧にあたっていて、面白いゲームを楽しめるようにという著者の執念すら感じられます。

この本が初めて世に出てから3年が経過しますがその価値はほぼ変わっていないと考えています。むしろ、「シド・サクソンのゲーム大全」が出たことにより収録作のプレイニーズが高まっており、図入り解説の価値は増したと言っていいでしょう。
ルールパートのコンテンツは電子で公開されていますが、紙の本も継続的にお客さんの目に触れるところに出しておきたいというのがトランプ屋の切なる希望でした。このたび著者の木村さんからもご提案をいただき、取り扱いを決定しました。
さてこの本の仕様についてです。初版はリング綴じ形式でしたが今回はより廉価で持ち運びやすい「普及版」ということで、コンパクトなA5判無線綴じ製本になりました。中身はというと、ルールパートとコラムパートに加え、別冊になっていたゲームブック『トリックテイク城の血闘』を1冊にまとめて収録しています。収録されているゲームとコラムは以下のとおりです。

収録ゲーム
オニオンタ・ホイスト/ジャーマン・ホイスト/ダック・スープ/タブラネット/スパイト・アンド・マリス/デュラック/ル・トゥルック/7ハンド・ポーカー/ピラミッド大富豪/たこやき/きゅうり/ゼテマ/ベリシ・ネ・ベリシ/マキャベリ/トゥエンティ・トゥ

トランプよもやま話(コラム)
トランプゲームの王様/運がよいとき、悪いとき/トリックテイキングゲームの魅力/パーティは企画と準備が一番楽しい/トランプからのゲームデザイン/王様のおうち/トランプのある家庭の日常/異聞、伝聞、いい気分/トランプでディープな検索クエスト/楽しく嘘をつく/美術館へようこそ/大富豪とは何なのか/カード立てについて/キュウリ/トランプな話/トランプのマーク/トランプいろいろ

このおうちでトランプ普及版はゲームマーケット大阪から販売になります。イベント前に改めて告知しますので、そちらでもご確認ください。

2017年12月30日土曜日

2017年が暮れようとしています。ここでトランプ屋の今年1年の活動を振り返り、来年の展望も語ります。

取扱商品について

年初の予定通り、イベントでコンスタントに各種デックやマストフォロー練習トランプを販売し、新たな取扱商品にクリベッジボードとピノクルデックを追加しました。
来年取扱商品を増やすとしたらルールブックでしょうか。うちのブースでトランプを手に取っていただいた方に「次」につながるものを紹介したいです。さらに、どこまで幅広くデックを扱うか、レアデックとどう向き合うかが課題になりそうです。

販売の経路について

即売イベントに5回、プレイ中心の甲府非電源系ゲーム祭りに1回出展し、細々ながら通販も継続できました。これはいいのではないかと思います。出展時のディスプレイは少し改善したいです。

情報発信について

マストフォロー練習トランプキャンペーンを行い、相応の収穫がありました。即売会では毎回フリーペーパーを配布し、一定の反応を頂ました。
課題は2点あります。ひとつめは目を引くデザインとPR。トランプゲームはやっぱり地味でスルーされてしまいがちなので、少しでも目に留まるような工夫をしたいです。もうひとつは実プレイ。トランプは面白い。けれど実際にプレイしないと非常に伝わりにくく、そのプレイの機会は即売イベントでは限界があります。そこでゲーム会やプレイスペースに足を運び、ボードゲームの合間に少しずつ遊んでいただく機会をもらえればと考えています。

トランプ屋なんて大げさな看板を掲げて活動を続けていますが、2018年もその名に恥じない活動ができるようがんばりますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。
それでは皆様、どうぞ良いお年を!