2016年8月7日日曜日
ミッチのご紹介です。

どんなゲーム?

他のプレイヤーの集めているスートを見極めながらカードを出しましょう。中途半端にカードを出すと失点することに気を付けて!

時間と人数

30分程度、2人から5人。3人がオススメです。

ルール

カード

使用カード:1組52枚 + ジョーカー3枚(3枚のAで代用することもできます。その場合ルール中のジョーカーをAに読み替えてください)
カードの大小:A<2<3<…<10<J<Q<K(Aをジョーカーの代わりに使う場合は2が最小)

勝利条件

得点になるようにカードを出していきます。そのスートのカードを他人より多く出していると得点ですが、そうでない場合失点になります。最も多くの得点を獲得したプレイヤーが勝利します。

ゲームの準備

適当な方法でディーラーを決めます。ディーラーはジョーカーを除いた52枚のカードをよく混ぜ、ディーラーの左隣から時計回りに1枚ずつ、1人に計5枚のカードを配ります。残ったカードにジョーカー3枚を入れてよく混ぜ、裏向きで中央に置いて山札とします。
ゲームの準備

プレイ

ディーラーの左隣から順に時計回りで手番を行い、手番は以下の手順で行います。
1. 山札からカードを引く
その後
2. 手札からカードを場に出す
又は
2. 手札からカードを捨てる

1. 山札からカードを引く

山札からカードを1枚引いて手札に加えます。引いたカードがジョーカーだった場合、表向きにテーブルに出し、代わりのカードを山札から引いて手札に加えます。
ジョーカーを引いたらテーブルに出して代わりのカードを引く
引いたジョーカーが3枚目の場合、代わりのカードは引かず、以降すべてのプレイヤーはこの手順を飛ばします。

そのあと

2. 手札からカードを場に出す

手札からカードを1枚選び、自分の前に出します。出すカードはスートごとに置き場所を分け、対応する場所に置きます。そのスートの置き場所にある一番上のカードより小さい値のものだけ出すことができます。
そのスートの2枚目以降を出す時はこれまで出したカードが分かるように、ずらして重ねてください。
プレイヤーごと、スートごとに分けてカードを出す

または

2. 手札からカードを捨てる

手札からカードを1枚選び、共有の捨て札置き場に表向きに置きます。捨て札は重ねて置きます。

ゲームの終了と得点計算

3枚目のジョーカーが出たらまもなく終了です。それ以降の手番ではカードを引く手順を飛ばし、カードを出すか捨てるかのみ行います。すべてのプレイヤーの手札がなくなったら1ゲーム終了です。
スートごとに誰が一番枚数を多く出したかを確認します。枚数を一番多く出したプレイヤーは4点を獲得します。それ以外のプレイヤーは出したカードの枚数だけマイナス点を獲得します。列の枚数が同じ場合は、その列の一番小さい数字のカードの、より大きい数字を持っている方が4点を獲得します。これをスートごとに計算し、ゲームの得点を出します。
得点計算の例
ゲームの得点を記録し、ディーラーをかえてこのゲームを人数分繰り返し、合計点が最も多い人の勝利です。

戦略とポイント

中途半端にカードを出すと失点が大きくなります。誰がどのスートを狙っているのかを見極めましょう。

出典

Pagat.com

0 コメント: