2016年11月15日火曜日

セブンスペードのご紹介です。

どんなゲーム?

スピーディなブラフゲームです。手元にスペードのカードを集めますが、ブラフをかけて(嘘をついて)構いません。ダウトされないタイミングを見計らってブラフをかけ、手元のカードを増やしましょう。

時間と人数

10分程度、2人から5人。3-4人がオススメです。

ルール

使用カード: 1組52枚。ジョーカーは使いません。
カードの数字に意味はなく、スートもスペードかそれ以外という区別しかありません。

勝利条件

規定枚数のカード(プレイ人数によって異なります)を最初に手元に並べたプレイヤーの勝ちです。あるいは1人を除いてすべてのプレイヤーが脱落したら、最後に残ったプレイヤーが勝ちです。勝つために手元に並べる必要があるカードの枚数は以下の通りです。
・2人プレイ:7枚
・3人プレイ:5枚
・4人プレイ:4枚
・5人プレイ:3枚

ゲームの準備

適当な方法でディーラーを決めます。ディーラーはカードをよく混ぜ、裏向きでテーブル中央に置いて山札とします。
ゲームの準備はこれだけ。


プレイ

ディーラーの左隣から順に時計回りで手番を行います。手番では山札からカードを1枚引き、他のプレイヤーに見られないように確認します。その後、以下のうちどちらかを行います。
・引いたカードがスペードの場合:引いたカードを伏せて手元に置きます。
・引いたカードがスペードではなかった場合:引いたカードを捨て札置き場に置くか、(スペードだと偽って)伏せて手元に置きます。
スペードではなかったら正直に捨てるか偽って手元に置く
プレイヤーがカードを手元に置いたとき、他のプレイヤーは誰でも「ダウト」を宣言できます。ダウトが宣言されたら、いま伏せたカードを公開します。(そのプレイヤーが過去伏せたカードは公開しません。)
・公開したカードがスペードだった場合:ダウトを宣言したプレイヤーはゲームから脱落します。
・公開したカードがスペードではなかった場合:ダウトを宣言されたプレイヤー(つまり手番のプレイヤー)はゲームから脱落します。
ゲームから脱落したプレイヤーの手番はそれ以降飛ばされます。

ゲームの終了と勝利

規定枚数のカードを最初に手元に並べたプレイヤーがゲームに勝利します。このとき、最後のカードは公開してスペードであることを証明しなければなりません。最後に嘘をつくのはダメということです。
最後の1枚は公開して勝利!
もしくは1人を除くすべてのプレイヤーがゲームから脱落したら、最後に残ったプレイヤーがゲームに勝利します。

出典

Pagat.com、ゲーム会の実プレイ

0 コメント: